いろいろ日記

【旅日記】ダラットで行くべきおすすめカフェ3つ

 

こんにちは、ななえです。

旅したい欲がふつふつと湧いてきているこの頃です。
綺麗な景色を前に、おいしいコーヒーを飲みながらゆっくりしたいな。と思っていたら、以前行ったダラットのことを思い出しました。

というわけで今日は、ダラットのおすすめのカフェを3件ご紹介します。

ダラットでコーヒー?

ベトナムはブラジルに次ぐ世界第2位のコーヒー生産国ですが、そのほとんどが『ロブスタ種』といわれる缶コーヒーなどに使われる種類です。

そんな中、標高の高いダラットの気候や地形はスペシャルティコーヒー用の『アラビカ種』の栽培に最適。ベトナム南部でのアラビカ種栽培は、ここダラットだけです。

 
ダラットのコーヒーを日本でもっと有名にしたいなあ・・・と密かに野望を燃やしております。

 

おすすめカフェその1:La Viet

市内からタクシーで5分程の所にあるこちらのカフェは、倉庫との一体型がシンプルおしゃれな『LA VIET』です。
ホーチミンにも3店舗ありすが、ここが1号店ですね。

 ダラットでカフェといえばここ!なくらい有名&人気です。f:id:nachan716:20181224222306j:plain

この混みよう・・・

f:id:nachan716:20181224222430j:plain

店員さんを捕まえるのが大変でした。

f:id:nachan716:20181224222506j:plain

コーヒー以外にも軽食(パン・サンドイッチ・デザート)もあるので観光して、くたびれた後の休憩にも良いです。ホーチミンの店舗も同様のメニューです。

f:id:nachan716:20181225005245j:plain

倉庫なので豆の袋がずらっ~と。

f:id:nachan716:20181224222615j:plain

ここでは焙煎から販売まで行っています。
コーヒーの花から採れたはちみつも気になりました(約600円)
日本に比べると安いかな?
f:id:nachan716:20181224222657j:plain

LA VIETは、ダラットでのアラビカ種の生産にいち早く取り組み、サステイナブル栽培やフェアトレードにも力を入れています。

世界各国から農園の視察を受け入れていたり、毎年コーヒ―の収穫時期(10~11月)になると一般向けに農園ツアーなども行い、収穫体験をさせてもらえたり。
農家と消費者をつなぐ活動も行っている素敵なブランドです。

La Viet Coffee
7:00-22:00

 

おすすめカフェその2:Tiem Cafe Thang Ba

次にご紹介するのは、『Tiem Cafe Thang Ba』です。

ダラット中心地よりタクシ―で約10分と離れていることもあり観光客にはあんまり知られていないとっても素敵なカフェです。

空気がきれいなので散歩ができるのもダラットのすばらしさ。
当たり前にその辺に咲く花にすら感動してしまいます。

f:id:nachan716:20181225001801j:plain f:id:nachan716:20181225001759j:plain

坂をぐいぐい上ったら、到着。外観からもうかわいい。


f:id:nachan716:20181225002141j:plain

中に進んでみると…下にちょこんと。f:id:nachan716:20181225002254j:plain

入ってみずにはいられない、すてきな入口です。私もいつかこんなお家カフェを作りたい。f:id:nachan716:20181225002511j:plain

さっそく中に入ると、木のテーブルと大きな窓が、柔らかい雰囲気を作り出しています。f:id:nachan716:20181225002637j:plain

この日は朝一で行ったので一番のりでした。f:id:nachan716:20181225003733j:plain

ギターも置いてあります。f:id:nachan716:20181225004443j:plain

そしてさっそくラテを注文。(60,000ドン 約300円)f:id:nachan716:20181225002744j:plain

豆はもちろんダラット産。(じゃないのもありますよ)

そしてこのカフェが素晴らしいのは、なんといっても、テラスからの眺めなのです。

f:id:nachan716:20181225003300j:plain

なんか写真が暗いな。ごめんごめん。

f:id:nachan716:20181225003417j:plain

ダラットの景色を一望しながら飲むコーヒーが300円でいいのかな・・・と思ってしまうほど。

ちなみに営業時間は朝7時~夜9時まで。
人の少ない朝一か、夕方がおすすめですよ。静かなので、まったりゆったり。

ホーチミンでは一日中バイクや車のクラクション・工事現場の騒音・人の雄叫び…と雑音にまみれて生活しているので、ここで過ごした穏やかな時間がときどき恋しくなります。

自分の時間を楽しむ、好きな人とくつろぐ。そんな時間にぴったりのカフェです。

f:id:nachan716:20181225165818j:plain

Tiệm cafe Tháng Ba
7:00-21:00

 

おすすめカフェその3:MANKI COFFEE

最後におすすめするのは、おしゃカフェMANKI COFFEEです。

バンメトート出身の店主が一人で切り盛りしているこだわりのカフェとでも言いましょうか。ちょっと変わった人です。
2年もベトナムにいてベトナム語を話せないのか?とズケズケと人の心に入ってきては好き放題言ってきます。

コーヒーの面白さの一つに「多様な抽出方法による味の変化」があるのですが、彼の淹れ方はベトナムでは初めての見た方法。

冷凍したコーヒー豆にシュッと霧吹きで水を吹きかけて素早くエスプレッソを作っていきます。
冷凍豆を常温にせず使うことのメリットって何だろう。
好き放題言われっぱなしで大事な部分を聞きそびれたので今度また行ったら聞いておきますね。

美味しかったラテたち。小さいハート可愛いよねえ。

内装もとてもおしゃれ。ダンディーな感じです。

気さくでおもしろい店主なのでぜひ「MANKI」の意味を聞いてみてくださいね。

MANKI – True Artisan Cafe
8:00-17:00 (13:00-14:00 close )

 

番外編:おばあちゃんのベトナムコーヒー


市内散策をぷらぷらしていたら、偶然みつけたこのお店

『Ca phe Ba Nam』は布フィルター(いわゆるネルですね)を使って丁寧に淹れてくれる初めてのタイプ。

年期を感じる佇まい。f:id:nachan716:20181225151645j:plain

おじさん達のたまり場。f:id:nachan716:20181225010310j:plain

じーっと興味深そうに中を見る私に、迷彩服を着た戦闘モードのおじさんが「コーヒーおいしいよ」と声をかけてくれたので入ってみました。

こちらがナムばあちゃん。手際よく作ってくれます。
布フィルターを使うと、香りが良いのだそう。そして何よりエコで良いですよね。
最近かなりエコに関心がある私です。

f:id:nachan716:20181225152002j:plain

外に干されていた布フィルター。これ本当は国旗をさす所だよね?


f:id:nachan716:20181225152507j:plain

こちらが布フィルターで淹れたベトナムコーヒー。1杯15000ドン(約75円)

f:id:nachan716:20181225152111j:plain

下に沈んでいるのはコンデンスミルク。
濃くてあま~い、歩きつかれた時には欲しくなる一杯。
小さいカップなのは、ちみちみ飲んでゆっくり時間を楽しむためです。

f:id:nachan716:20181225170217j:plain

特別おいしい!というわけではないけれど。
やさしいおばあちゃんに癒され、自由なおじさんたちに囲まれているとなんだか気持ちが柔らぎます。

旅をしていると、せっかくだからあちこち行きたい!と、せかせかしがちな私なのですが、「まあ、行ける所をしっかり楽しもう」とちょっと気持ちが軽くなったのでした。

以上、ダラットのカフェ紹介でした〜!行ってみてね。
いつも最後まで読んでくださりありがとうございます。 

\ぽちってくれたら喜びます!/ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です